不動産特定共同事業(FTK)法
2021年コンプライアンス研修
"内部監査"視点で学ぶコンプラの要点
~最新の改正論点を踏まえて~

【日時】2021年10月21日(木)11:00-12:00
【講師】不特法アドバイザー 石井くるみ
【方法】Zoomによるオンライン受講
【料金】22,000円(税込)
    二人目以降は16,500円(税込)
    ※当事務所の顧問クライアントは受講無料

法令遵守
の要点を
解説!!

今すぐ申し込む

こんなお悩みありませんか?

不特法の許可を取ったが、コンプライアンスが徹底できているか不安だ
内部監査部の不特法知識が足りず、十分な監査ができていない
法令・監督指針の改正動向を把握できていない・・・
最近、不特事業者に検査が入り始めたと聞いて不安だ
親会社が「コンプラ徹底」を厳命しており、不備があったら大変だ
不特法のコンプラ・内部監査に特化した実務的な研修はないだろうか?

そのお悩みを解決します!

このセミナーでは、数多くの不動産特定共同事業(FTK)事業者のコンプライアンス実務に携わっている不特法アドバイザー・石井くるみが、内部監査の視点から、不特法のコンプライアンスの要点を、2021年改正論点を踏まえながら解説します。

日本橋くるみ行政書士事務所が蓄積した不特法コンプライアンスのノウハウを、ぜひ貴社の不動産ファンド事業にお役立てください。

こんな方が対象です

    • 業務管理者/内部監査担当者の方
    • FTK事業者の経営者
    • FTK事業者のコンプライアンス担当役員
    • 新たに不動産特定共同事業への参入を検討する新規事業者の方

過去のセミナー受講者様の声

業種
アンケート回答からの抜粋
不動産ファンド 法体系、制度の全体の把握で悩んでいたが、分かりやすい内容で非常に良かった。
不動産業 実務的な内容(特に資金調達の方法)が参考になった。
不動産業 資料が見やすく、不特法の解説が非常に分かりやすかった。小規模不特の登録を検討したい。
不動産業 法規制について悩んでいたため受講して非常に良かった。講師が専門性を持っていると感じた。
不動産業 色々と勉強になりました。分かりやすかったです。また参加させていただきます。
不動産業 不動産ファンドについて実務家である講師の見解を交えた話をいただき興味深かった。
不動産業 内容が具体的・実務的で、ビジネスに使えそうなアイデアが豊富だった。
不動産業 不特法の活用方法について、実務経験を踏まえた解説をいただき、理解が深まった。
不動産業 解説と資料が具体的で理解しやすく、関連法規の解説も十分だった。書籍も事前に購入して読んだところ、内容が豊富でとても参考になった。
不動産ファンド(物流系) 先日受けた社内セミナー(弁護士による解説)は法律の話のみで理解できなかった。このセミナーは実務に即した内容で大変分かりやすかった。
不動産ファンド(物流系) 普段、信託スキームにしか携わることがないが、不特法について非常に勉強になった。
エンタメ産業 この手のセミナーとしては抜群に分かりやすかった。
不動産業 実務的な内容(特に資金調達の方法)が参考になった。

講師紹介

日本橋くるみ行政書士事務所
代表行政書士 石井 くるみ

早稲田大学政治経済学部卒業。公益財団法人消費者教育支援センター研究員を経て、日本橋くるみ行政書士事務所を開業。民泊・旅館業、不動産特定共同事業、クラウドファンディング等の不動産・金融ビジネス領域を専門とする。

2020年6月より、国土交通省『不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会(総括会)』委員に、2021年6月より一般社団法人不動産特定共同事業者協議会アドバイザーに就任。

【主な著書・論文】-民泊・旅館業関係

  • 『民泊のすべて』(大成出版社、日本不動産学会著作賞を受賞
  • 『行政書士の業務展開』(早稲田大学校友会行政書士稲門会編)
  • 『達人が伝授―広がる民泊』(日経ヴェリタス連載)
  • 『賃貸経営に役立つ民泊知識』 『自治体別・民泊許可取得のポイント』 (全国賃貸住宅新聞連載)など

【主な著書・論文】-不動産金融関係

  • 『不動産特定共同事業(FTK)のすべて』
  • 『民泊におけるクラウドファンディングの活用』
  • 『民泊ファンドー金融商品取引法に基づくスキームの解説』
  • 『民泊ファンドー不動産特定共同事業法に基づくスキームの解説』
いずれも月刊不動産フォーラム21連載

セミナー構成

1.不動産特定共同事業(FTK)における内部監査フレームワーク
   ✓法令及び事業の理解に基づく『監査計画の策定』
   ✓業務フローの理解に基づく『リスク評価』と『コントロール識別』
   ✓キーコントロールに対する『監査手続書』の作成と監査の実施
   ✓監査手続の結果を踏まえた『PDCA』サイクルの構築

2.内部監査視点から見る、FTK法コンプライアンスの要点
  (1)申込審査
   ・適合性の原則
   ・犯収法対応
   ・反社チェック
  (2)利害関係人取引
   ・利害関係人の範囲
   ・利害関係人との不動産取引
  (3)情報管理
   ・個人情報保護
   ・マイナンバー保護
  (4)分別管理
   ・専用銀行口座による金銭管理
   ・法令帳簿の作成と保存

3.2021年改正論点
   ・ファンドが取得する不動産価格の適正性の確保
   ・押印廃止による実務への影響

2020年3月開催・コンプライアンス&ファンド組成実務セミナーのサンプル動画

インターネットセミナー概要

東 京
名 称 不動産特定共同事業(FTK)法
2021年コンプライアンス研修
"内部監査"視点で学ぶコンプラの要点
~最新の改正論点を踏まえて~
日 時 2021年10月21日(木)11:00-12:00
主 催 日本橋くるみ行政書士事務所
受講料 22,000円(税込)
※二人目以降は16,500円(税込)
※当事務所顧問クライアントは受講無料
テキスト テキストは映像に組み込んでご提供します
(紙媒体の資料配布はありません)
受講料 22,000円(税込)
※二人目以降は16,500円(税込)
※当事務所顧問クライアントは受講無料

メールフォームによるお申込み

受講をご希望の方は、以下の予約フォームにお名前/電話番号/メールアドレスを記入しお申込みください。
※士業、コンサルタント等の方のお申し込みはご遠慮いただいております。予めご了承ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信